タニオカアイ

ウソとホントの間の話

こたつで冬眠する自信がある

今日はひさしぶりに日差しが暖かいくらい晴れて、となると明日はきっと放射冷却で寒そうな予感。

外出時に手放せないグッズ

耳や指先爪先などの末梢や、手首足首なと首のつくところが冷えると体感気温が下がるので、そのあたりはできるだけ露出しないようにしています。

凍えるんじゃないかというときは、ロングコートにニーハイブーツ、マフラーに手袋と、もこもこ重ねて。

オプションでマスクやイヤーマフ、ニットキャップを。

ウィンタースポーツ用のフェイスマスクや目出し帽があればより防寒になりそうですが、一気に不審者化してしまうのでそこは我慢。

風邪をひくのは自分で、他人が看病してくれるわけではないのだという開き直りと、客観的に不審者はどうかというジレンマ。

家の中で行っていること

壁面や窓からの放熱が大きいと言われているので、空間を小さく区切ったり、厚手のカーテンをすることで断熱を。

寒さや厚着で活動性が低下するよりは、熱効率を高めた方がいいかなあと。

このごろは着る毛布のバリエーションも増えているので気にはなりながら。こたつと着る毛布にくるまって春を待つというのも近世の風流ではなかろうか。

日ごろから取り入れている食べ物

しょうがとにんにく。

効果のほどは測定できていませんが、プラセボと理解していても効果がみられるなんて研究もあるので、これは温まること間違いないと言い聞かせつつ。

それから温かいスープや飲み物。ほっとして、リラックスして、副交感神経優位になったら血管拡張してと、そこまで机上のとおりにはいきませんが、寒さで強張った体をほぐすのには最適です。

今週のお題「冬の寒さ対策」