読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タニオカアイ

ウソとホントの間の話

筒井康隆「耽読者の家」

遺産として贈られた本に囲まれ、読み耽る青年たちの短編。

言及作品リスト

文学部唯野教授」を読んだころは学内政治のストーリーを追っていたけど、またそちらに挙げられている作品もチェックしたい。

文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)

文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)