タニオカアイ

ウソとホントの間の話

やきいもの話

f:id:taniokaai:20161026184518j:plain

レンジ

  • 濡らしてラップで密閉
  • 大200w14分

炊飯器

  • 濡らして芋の高さ半分程度の水を入れる
  • 普通炊飯

持とうとして指先に軽く力を入れると凹みそうな位で火が通っています。熟れた桃くらい。

75~80℃10分くらいでデンプンが麦芽糖に変換され甘みがでるので、低出力長時間で調理します。

適宜グリルで焼き目をつけます。つけた方がやきいも感でます。皮の内側のすこし焦げたところが至高です。

品種で仕上がりが違います。

  • 鳴門金時はほくほく甘
  • 紅はるかはしっとり甘
  • シルクスイートとか安納芋は、かなりしっとり、かなり甘
  • ノーブランドだと紅あずまか高系。ほくほくとしっとりの中間、あっさりめ

鳴門金時がやきいも感あって好きだけど、どれも美味しいです。

甘みが少なくて残念なときはスイートポテトにします。砂糖を足していると負けた気がして悔しいですが、家人にはこちらの方が評判がよいので、負けなしです。

お題「小さい秋見つけた」