読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タニオカアイ

ウソとホントの間の話

汎用性の高いスニーカーがいい

ふだん使いの物を買うときに考えるのは、汎用性の高さです。

服装が自由なので、気分によってカジュアルにしたりキレイ目にまとめたり、コーディネートを考える楽しみもありますが、朝一なんにも考えないでなんとでも合う靴があると機動力が抜群に上がります。

わたしにとって黒のスニーカーはそのひとつです。

スニーカーをほとんど履かない時期もありましたが、着脱は容易ながらホールドはしっかり、ローメンテナンスで季節天候おまかせなことに気づいてからレギュラー入りしました。今では通年着用率がもっとも高い一足に。

お気に入りに限って寿命はきちんと訪れるもので、ヘビーユースしているんだから当然ですが、さて次世代をどうするか。

カジュアル色が強いので、堅すぎずゆるすぎずの線からソールもレースも装飾も全て黒。レザーだとなおよし。個人的な好みからハイカット。そうなるとショートブーツのニュアンスもカバーできるので、靴箱のエンジニアブーツをどうしようか、これは保留。

これまではソールが厚くなるにつれカジュアル寄りになるイメージもあって、PUMAやオニツカタイガーやGUの薄底スニーカーを履いていました。ただ衝撃が直接来ることが気になっていたのと、オールブラックが見あたらなくなっていたので探していたところ、NIKEのレギュラーラインナップに発見。

AIR FORCE 1といえば白のイメージでしたが、黒もあるんですね。ミドルカットが他社のハイカットと同等の丈です。VANSにも似た感じのがあってそちらも良さそうでしたが、今回はNIKEで。

靴下やパンツのインアウト、これからはタイツも合わせられます。レザースキニーを合わせていたモデルさんの写真が格好良かったです。

といいつつ、パンプスも好きで、やっぱり黒。ヌーディーカラーも大好きですが合う色ジプシー沼が目に見える。

これはピンヒールでポインテッドトゥでアンクルストラップ付きだとか、これはファー付きチャンキーヒールだとか、これはストラップなしのぺたんこなのに脱げない云々と、大切にしております。